採型、3次元形状のスキャン、3次元データのCAD・CAM処理、ウレタンクッションの切削を一貫して行うシステム

 

わたしたちアシストは、座位保持装置を中心とした‘ものづくり’を20年以上にわたって続けています。またデジタル化とNC加工を先駆けて導入したパイオニアでもあります。
A system(アシスト・システム)が業界をリードし続け、多くの方に選ばれているのはなぜか。その理由をご説明します。

 

‘A system’は、座位保持装置をつくる方にも、使う方にとっても理想的なプラットフォームです。

 

 

(製作者にとってのメリット)
A systemを活用し、作業にかかる負担を減らしながら効率アップ!

ワンストップならではのメリットを活かし、指示や発注に費やす時間を大幅に短縮。使う方の「姿勢を検討する」事に集中できます。

 

(ユーザーにとってのメリット)
より詳細なニーズに応えた自由度の高い加工を実現できます!

 

3次元形状スキャナ“ストラクチャー センサー”を使うことで、効率的かつ精度の高い形状取り込みができます。

《作業は簡単、3ステップ!》

1.準備ーiPadにアプリをインストールし器具を取り付ける。

2.取り込みー実際の画面を見ながら、数分で取り込み完了!

3.データ保存ー取り込んだデータをダイレクトにメール送信。

 

(導入されたみなさんの決め手になったポイントは?)

『導入費用が驚くほど低くて済むから。』

→センサーの購入コストは379ドル*とお手頃です。

● iPadをお持ちで無い場合は別途ご用意ください。

*2017年現在の価格です。

 

『取り込み精度が高いから。』

→1000ミリの対象物でおよそ0.3%(3ミリ程度)の誤差で取り込めます。例えばマイクロスクライブですと4ミリピッチで300本のラインデータを取り込むレベルに匹敵するほどの精度です。

 

『データの再現性が高いから。』

→ストラクチャー センサーで取り込んだデータを精緻に再現するには、独自のノウハウが必要です。A systemは20年以上にわたる座位保持装置の製作実績と技術チームの研究によって高い再現力を実現しています。

 

『取り込み時間を大幅に短縮できるから』

→取り込み時間はおよそ1分程度です。従来に比べ大幅に時間が短縮できる事で、2パターン以上の姿勢を採型して比較したいというご要望に応えることも容易になります。

 

高効率な大型NC加工機を備えた自社工場。専門の技術者チームが一貫した製作をお引き受けします。

《A systemが誇る、‘ものづくり’への取り組み》

  1. 高効率で切削加工範囲も広い大型NC加工機を備え、大型クッション等の製作にも対応できます。
  2. クッションの形状をコンピュータ上で加工し、発注者さまと双方で確認を行えます。
  3. 国内外のほぼ全ての座位保持フレームに座背クッションをセッティングする事ができます。
  4. クッション製作から縫製、小物製作までも自社工場でワンストップで行います。

 

【お取引先様用 Aシステム導入マニュアル】 (PDFファイル:31MB)

*弊社での座位保持装置製作については、『補装具費支給制度』がご利用いただけます。詳しくはご相談ください。

 


その他オリジナルヘッドレスト、オリジナル座面クッション、パッド等のクッション製品のオーダー製作も承っております。ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ:(大阪本社) 0721-60-2833

メールでのお問い合わせ: メールお問合せ


 

弊社開発による座位保持装置一覧、その他の商品紹介はこちらからどうぞ。